様々な建築情報を「進化続ける建築の技術」ではご案内しています。

menu

進化続ける建築の技術

最近主流のタンクレストイレ

47-01

水廻りの下には他世帯の居室は設置しないよう心がけるなどして、防音対策は計画段階から行うようにしましょう。思いがけない排水音は気になりましてしまうものでしょうし、絶対に気持ちの感じが好いものではないです。

さらに、二世帯住宅みたいに上の階にキッチンや浴室などの水廻り器具を設置する場合も、予め防音に配慮した排水管をきっと使いましょう。対策としまして、壁に断熱材を充填しましたり、内装材を吸音性に優秀なものにするなどするそしたら、ある程度の音漏れは防げます。

最近主流のタンクレストイレは流す際の音がでかくなったので、音がほかの部屋まで届いてしまうこともあるのです。寝室の近くにトイレを制作しますと、家族の排泄音が寝静まった部屋に響いてしまうといいまやったことが起こります。

トイレの位置は間取りを考える段階で、優にに注意しよう。入居後に気付くことで、完成後だと対処が簡単ではないことのひとつに、排水音に関係する失敗が挙げられます。

夜間のトイレへのアクセスを便利にしましょうとしたときの思わぬ失敗です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。