様々な建築情報を「進化続ける建築の技術」ではご案内しています。

menu

進化続ける建築の技術

マンションの資産価値

47-02

リノベーションを怠ることによって、たとえば小さなひび割れから水が浸入して錆になって腐食をし、水漏れを起こすなど、さらに大きなトラブルになってしまう危険もあるからです。当然の事ながら、大がかりな駐車場や堅固とした設備のある駐車場は、マンションの建物の本体と同じく、劣化診断を専門家にしてもらい、必要なリノベーション箇所をチェックしておく必要があります。

ちなみに、場合次第では、駐車場の増設必要もあるかもしれませんね。リノベーションは、適切な時期に適切な工事をすることで、住んでいる中で起こる建物のトラブルを未然にして防ぎ、建物の劣化を抑えるという訳で大変意義鄒樊自臭ものです。

ここでは、リノベーション工事を行うときにいっしょにチェックしておきたい「駐車場」の注意点について紹介をしたいと思います。その内容には、外壁の補修や塗装、共用部の整備・リノベーションから、建物外側の共用部の改修など多種多様な工事があります。

駐車場の劣化診断をしてもらった結果にもとづいて必要なリノベーション箇所を決めることとなりますが、駐車場の場合に困難なのが、「使う人も使わない人も両方いること」ではないでしょうか。このようなとき、駐車場を使わない居住者にとっては不公平感を感じ、なかなか理解を得られないというケースもあるようですので、注意したいところです。

マンションの地下などに大がかりにつくられている駐車場もあれば、外に設置されてるケースもあります。ただ、共用部分といっても外壁や階段など比較的目につきやすいものもあれば、目のためづらいものもあります。

一口に駐車場といっても、その形態はあれこれです。マンションの資産価値を上げ、機能を維持するために必要なリノベーション。

標準的に、ロボットゲートなど、機械式駐車場で屋外の風雨にさらされてるようなケースでは、駐車場の傷みが速達、リノベーション費用がかさんでしまう事が大量みたいです。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。