様々な建築情報を「進化続ける建築の技術」ではご案内しています。

menu

進化続ける建築の技術

建物を設計する機会は中々多くはない

47-05

当然、優秀なデザインの建物も構造設計者の協力無しでは実現出来ません。これだけでしたのでは説明になりましていないため建築構造とは、どんなものかと言う面から考えてみた。

ぼくの設計したものが、実際に建ったのを見た時の感動?これなら、構造設計じゃ無くても良かったのでは。自分の場合を考えてみると、父親が建築関係の仕事をしてました、建築関係なら花形は設計、数学・物理が好きだった、転た。

人に構造設計と言う仕事を勧めるのであれば、その魅力を伝えないそしたらなることはない所だが、よく思ってみますと中々説明が簡単じゃない。建築の構造はもっとも複雑であるのです。

さらに、相手も地震や風などの自然現象ということで構造解析プログラムや解析手法がいかに進歩しましょうとも、建物に発生する応力や各部の耐力を完全に解析することが不可能であげられます。故に構造設計者にはコンピュータでも出来ない、人の目にも見えない、建物に作用する力の流れをビジョンする事が出来、それを制御する方法を判断する能力が必要になるのでしょう。

大きなスタジアムや超高層建築の設計?こにみようかな建物を設計する機会は中々多くはない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。